成田ライオンズクラブ

2021-2022年度クラブスローガン『友愛と寛容 そして まごころ奉仕』

会長のご挨拶

会長

2021-22年度 第58代会長を拝命いたしましたL飯塚健一でございます。
歴史と伝統があり、333-C地区ガバナー2名(故L飯塚一郎・故L飯塚信一)を輩出しました成田ライオンズクラブの会長という大役をおおせつかり、大変身の引き締まる思いでございます。
2020年の中国武漢に端を発した新型コロナウィルスの影響により、幾度となく緊急事態宣言が発出され、国民生活様式は一変、連日マスメディアの不安を煽るネガティブ報道に洗脳され、国全体が狼狽委縮し、飲食・観光・宿泊・航空・公共交通業界等々多くの産業が疲弊し、日本経済が各地で冷え込んでしまう事態に陥ってしまいました。
当成田クラブでも、クラブ結成以来後援をして参りました『成田市少年野球大会』をはじめ様々な事業・例会等が中止・延期及び規模縮小となり、すべての奉仕事業活動を模索した二期でありました。
昨年迎えたチャーターナイト55周年記念式典等も中止に追い込まれ、会員一同大変悔しい思いをした一年でございました。
その様な中、会長L古矢功又をはじめとする三役・事業・運営委員長を中心に、会員各位の協力のもとに、石巻市立大川小学校区にあります市内中学校三校へ図書券の寄贈・東日本大震災伝承館みらいサポート石巻へドネーション・CN45周年記念植樹看板新調差替え・CN50周年記念植樹看板新調差替え・空の駅『さくら館』へ記念植樹・甚平の森へ梅木植樹・甚平の森梅林剪定・小倉みさきさん保護者へドネーション・成田市内小学校低学年全児童へ『うなり君マスク』寄贈・CN55周年記念誌作成等のCN55周年記念事業を遂行することができました。これら社会奉仕活動は、地域社会へ広くライオニズムを知らしめ関心をもたらしたことと思います。
さてそこで本年度は、友愛と寛容そして相互理解の精神をもとにクラブ内の融和と協調を更に強め、鋭意努力しクラブ会員一丸となって協働『まごころ奉仕』に努めて参りたいと存じます。継続事業は勿論のこと、地域社会が必要とし求めていることにアンテナを張り巡らせ、新型コロナウィルスを正しく恐れ、感染対策を講じ、慎重かつ大胆に新たな奉仕事業を模索し、社会奉仕に精進してまいりたいと決意を新たにしているところでございます。
また昨今、会員死亡等による会員減少に悩まされているクラブ、更には解散してしまうクラブも少なくないと耳にいたします。当成田クラブに於いても例外でなく、その様な状況下でございますので、会員一人が一人を増強するという思いで、会員増強に努めてまいる所存でございます。
そして、昨年度成田LC支部『あじさいクラブ』が発足いたしました。新たな支部『あじさいクラブ』と協調・親睦を図り、『温故知新』『我以外皆師』を胸に、地域社会奉仕の為、成田LC発展飛躍の一年としてまいりたいと思います。
結びにあたり、浅学非才の身でございますので成田クラブ会員各位をはじめ、ブラザークラブ会員各位のご理解とご協力、そしてご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして会長就任の挨拶とさせていただきます。
一年間、何卒宜しくお願い申し上げます。

第58代会長 L飯塚 健一

トピックス

予定


新着情報

6月最終例会を開催しました。(2021年6月16日)
今年度最終例会を6月15日(火)例会場成田ビューホテル11階トップで開催しました。 コロナが治まらず55周年記念式典が開催できず又あじさい支部(10名)の立ち上げ 会員の退会者5名入会者5名大変残念ですが、亡くなられたL伊藤英世様ご冥福をお祈りいたします。 激動の1年でしたL古矢功…続きを読む

川村佐平治新入会員入会式(2021年6月3日)
6月1日第一例会に入会式を行いました。…続きを読む

5月23日イオン駐車場にて8R1Z合同献血に参加しました。(2021年5月24日)
5月23日8R1Z合同献血に参加しました。…続きを読む

5月20日宗吾霊堂紫陽花除草作業(2021年5月24日)
宗吾霊堂紫陽花除草作業に6名参加しました。…続きを読む

5月第一例会新入会員入会式(2021年5月24日)
5月第一例会岩沼ガバナー立合いで入会式を行いました。…続きを読む

PAGE TOP